ホーム > 7/1初めて会った人と写真をやりとりするならAirDropが便利です。

iPhone・iPad修理 即日返却/国体道路沿い 不二家跡地

iPhone修理コラム

7/1初めて会った人と写真をやりとりするならAirDropが便利です。

2016/7/1

こんにちは!江頭です。
 
前回まで写真に注目して保存する方法を話してきましたので、このまま写真のやりとりをする方法を紹介します。
 

Party / be creator

 

あまり知られていないAirDrop

 
友達との写真をやりとりするなら、お互いにLINEを知っていればそれで送受信をすればいいと思います。
 
でも初めて出会った方やLINEの交換をするのはちょっと…なんて方と写真をやりとりするとなれば、どんな方法があるのか。
 
そこで役に立つのが今回紹介するAirDropという方法です。
 
iPhoneやipadなどのappleの製品同士でしか使えない方法ではあるんですが、アドレスを教えたり個人情報を渡すことなく、お手軽に写真を送受信できるんです。
 
仕組みとしては、Wi-Fi通信や、Bluetoothの通信を使って、周りにあるiphoneを自動的に探し出し、その場限りで接続して写真を共有できるようになっています。

特に外などで不特定多数の人が集まる場所などでは、この方法を知っておけば便利に使えますよ。

 

AirDropを使って写真を受け渡ししてみましょう。

 
まずは受信側の設定ですが、こちらの準備は簡単で、画面の下からコントロールパネルを引っ張り出して、AirDropを選択し、どういった人とやりとりできるようにするか選びます。
 
IMG 1672
 
特に連絡先に登録されていない方とするなら、すべての人を選択してください。
 
自動でオンにはなりますが、Wi-FiとBluetoothはオンになっているか確認してください。
 
あとは送られてくるのを待つばかりです。
 
ちなみにこの通信が終わったら、AirDropはオフにしておきましょう。

電池の消費が激しくなりますので。
 
送信側は写真アプリから送りたい写真を選択し、共有ボタンを押しましょう。
 
そうすると、上に大きくAirDropの項目が出てきます。
 
IMG 1668
 
送信側もWi-FiとBluetoothをオンにしておかないと相手を探し出すことができません。
 
周りに受信の準備ができているiphoneが存在していれば、その人が表示されるようになるので、選択することでサクッと送信できます。
 
IMG 1669
 
写真だけではなくて、ビデオやサイトのリンクなど、共有ボタンを押して自分が開いているものを色々送れますので試してみてください。
 
AirDropがオンになっていれば誰からでも受け取るのかとビビるかもしれませんが、さすがにそこはちゃんと受け取りの承認をしないと送られてこないのでご安心ください。
 
IMG 1670

作成者:リペア本舗和歌山店

修理メニュー