ホーム > 6/27 写真を撮る機会が多いなら、保存の方法を考え直しましょう。その1

iPhone・iPad修理 即日返却/国体道路沿い 不二家跡地

iPhone修理コラム

6/27 写真を撮る機会が多いなら、保存の方法を考え直しましょう。その1

2016/6/27

こんにちは!江頭です。
 
前回の話で、容量を占めているアプリを特定してもらえたと思います。
 
しかし、その大容量アプリのトップに写真アプリが来た場合…結局消すの?ということになります。
 
ではその写真をそのままiphoneの中にしておくのではなく、他の場所に保存してみましょう。
 
・一番アナログな方法はUSBメモリーで保存する。
・パソコンに保存する。
・iCloudで保存する。
・他のクラウドアプリを使う。
 
では順番にどうぞ!
 

206319460 51bef797d2 n
photo credit: Lego USB flashdrive via photopin (license)
 

USBメモリーがiphoneにも存在する?

 
PCユーザーにはお馴染みのUSBフラッシュメモリーですが、あれはもちろんUSBの形をしています。iPhoneには挿さりません。
 
ああいうのがiphoneにもあれば便利なのになぁ〜と思っている方も多かったと思います。
 
もちろん電子機器メーカーの目ざとい戦略により、そんな商品がもう出回っております。
携帯電話ショップなどでも取り扱っているiXpandという商品。
 
記録メディアで有名なSandiskさんから発売されています。
 
形はUSBメモリーより少し大きい感じですが、挿し口が二つあり、片方がiphoneの充電器と同じ形をしており、もう片方はパソコンに挿せるUSBの形をしています。

つまりiphoneからiXpandに保存するのはもちろんですが、そのデータをパソコンに移動させることもできます。
 
使い方はどうなのかというと、iXpandをiphoneに挿してもらえたらアプリのインストールから面倒を見てくれる親切設計。
 
アプリを最初に取ってしまえば、後はiXpandを挿すだけで、自動で新たに撮られた写真やビデオを保存してくれます。
 
iphoneが壊れてデータが全て消えてしまうのが怖いということでしたら、iphoneの写真をiXpandにコピーしてどちらにも保存しておくのもあり。
 
iphone本体の容量を空けたいという目的でしたら、iXpandに写真を移動させて本体から削除するという設定もできます。
 
容量の種類は現在16GB〜128GBまであります。
 
ちょっと高度な使い方をするなら、パソコン→iXpand→iphoneの流れでファイルをコピーすれば、iphone本体だけでは再生管理できないような音楽ファイルや動画(例えば他のデジタルカメラ等で撮ったもの)も取り扱いできるようになります。
 
このiXpandを使った写真の管理は、iXpandを購入するお金はかかりますが、これから紹介する方法の中で最も直感的でわかりやすい方法かなと思います。
 

 
最近はスリムな方も発売されたみたいですね。
 

 
思ったより説明が長くなってしまったので、続きはまた次回に…。

作成者:リペア本舗和歌山店

修理メニュー