日本のスマホが売れない理由 | 和歌山でiPhone・iPad修理ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
ホーム > 日本のスマホが売れない理由

iPhone修理/手間な手続き不要・データそのまま
最短10分・予約無しの飛び込みも歓迎!

iPhone修理コラム

日本のスマホが売れない理由

2018/11/16

昔からよく言われていますが、キャリアの抱き合わせ販売によりある程度の利益が見込めるので、開発に向上心を持たないようになったと言われています。

 

スマホが出た時の日本製はとにかく酷い性能でした。とりあえずスマホの形をした旧型パソコンみたいな印象でした。

同時期に出たサムソンのギャラクシーと比べるとファミコンとPS2くらい違いました。PC性能で例えるとWin95とWin7くらい違うくらいの体感でした。数年たってもその差があんまり縮まらないのを目の当たりにして、信じていた日本製神話はいつの間にか終わっていたのだとショックを受けました。

ただ、さすがに日本製スマホは近年、昔ほどの開きはなくなりました。さすがだと思います。ですが、あの酷い時期の記憶が鮮烈すぎたのでどうしても信用できない気持ちがあります。そしてその時期の失敗が今の失敗に結びついているような気もします。

結果、ほとんどのメーカーが事業撤退しました。

 

色々な分野での商品で日本製は弱いものがあるのは事実です。

私の好きなエレキギターでは、ギターアンプは大体マーシャルやフェンダーといったイギリス・アメリカ製品が主力でプロ・アマ問わず日本製のアンプは主力でほとんど使いません。

しかし、エフェクターに関しては日本製は非常に人気があります。性能・耐久性共に優れた商品が多く数多くのプロ・アマが愛用しています。

 

こういう風に得手不得手が必ずあると思うので、日本製が悪いとは一概には決めつけるのはよくないと思いますが、未だスマホに関しては世界に後れを取っているのは紛れもない事実だと思ってます。

 

作成者:リペア本舗和歌山店

修理メニュー