携帯ショップはなぜ混んでいるのか | 和歌山でiPhone・iPad修理ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
ホーム > 携帯ショップはなぜ混んでいるのか

iPhone修理/手間な手続き不要・データそのまま
最短10分・予約無しの飛び込みも歓迎!

iPhone修理コラム

携帯ショップはなぜ混んでいるのか

2018/10/2

皆さん、こう思った事は必ずあると思います。

なんで携帯ショップはこんなに時間がかかるのだろう。

大きな理由を3つに絞ると

①スマートフォン

②契約の複雑化

③ID・パスワードの管理を求められる時代

 

①スマートフォン

ガラケー時代はデータも少なく、容量も軽い。簡単にデータをコピーできました。電話帳だけなら10秒 写真などを映したとしても20分以内に終わりました。

それが、スマートフォンはPCと同じです。電源を入れてからの初期設定・データの移行を考慮すると1時間以上かかることもざらです。データ容量も大きくなりました。ここだけでも昔なら20分あれば終わるところが1時間以上かかるようになった原因です。

 

 

②契約の複雑化

これは時代がそうさせてしまっている。何かと分かりにくくなっているのは何かと契約・サインにさせておかないと後で何かトラブルになった際、ショップ側が不利になるからです。

恐らく、これは今後も増えていきます。ある程度重要点だけを注目するだけだとそんなに時間はかかりませんが、隅々まで確認・質問などするとそれこそ2時間近くかかると思います。

 

 

③ID・パスワードの管理

これも大きい。ガラケー時代にはなかった概念です。要はのど100%のID・パスワードは自己管理しなければいけない=(ショップ側ではわからない)時代になっているのですが、これが日本人にはまだ馴染みがなく、PCを頻繁に利用する人しかわからない概念です。

ID・パスワードは例えるならば自宅の鍵です。

鍵がなければ家に入れないですよね。その鍵を管理するのは自分です。

自宅の鍵を紛失したら色々とやりくりして鍵を再発行しないといけません。なので、これも時間がかかります。

この3点、どこかでつまずくと長時間になります。

 

逆に言えばこの3つをスムーズにやりくりできれば30分あれば完了します。AndroidよりもiPhoneの方がデータ管理は比較的楽ですので可能です。

 

これがすべてだと思います。

作成者:リペア本舗和歌山店

修理メニュー