割れた画面は危険 | 和歌山でiPhone・iPad修理ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
ホーム > 割れた画面は危険

iPhone修理/手間な手続き不要・データそのまま
最短10分・予約無しの飛び込みも歓迎!

iPhone修理コラム

割れた画面は危険

2018/11/20

修理していて目を守るためのプラスチックの眼鏡をかける事があります。

 

やはり修理していると画面交換などで、元々割れているガラスの破片が飛んでくる事もあるので予防のためにつけています。

パ・リーグの選手がつけてそうな感じのやつです。

 

そう、修理って意外に危険と隣り合わせなんです。あまりないですが、ドライバーで手を差してしまったりするので・・・。

 

そういった危険を伴う作業なので、この業界に作業費という概念があるのだと知りました。私は元々、営業・販売畑なのでびっくりしましたね。

 

それはとにかく、割れた画面はそのまま使うと危険に繋がります。細かいガラスが手などに埋まってしまうと痛くても取れません。そういった事故につながる前に対処していただくのをお勧めします。

作成者:リペア本舗和歌山店

修理メニュー