どのiPadを買えばいいの?その2 | 和歌山でiPhone・iPad修理ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
ホーム > どのiPadを買えばいいの?その2

iPhone修理/手間な手続き不要・データそのまま
最短10分・予約無しの飛び込みも歓迎!

iPhone修理コラム

どのiPadを買えばいいの?その2

2019/7/18

 


前回記事の続きになります。

現在新品でiPadを購入するとなると、iPadPro12.9inch・iPadPro11inch・iPadAir3・iPadmini5・iPad(第6世代)の5機種が候補になります。

参考までに値段ですがWi-Fiモデル、容量が一番小さいもので

Pro12.9inch  ¥111,800
Pro11inch  ¥89,800
Air3       ¥54,800
mini5    ¥45,800
第6世代  ¥37,800
(Apple公式販売価格・消費税別)

となっており機種によって価格にかなり差があります。
これだけではまだわからないので、ここからはiPad第6世代から順に解説していきます。

【iPad第6世代】
発売日:2018年3月
画面サイズ:9.7inch
サイズ(mm):240×169.5
厚さ:7.5mm
重量:469g
容量:32GB/128GB
対応機能・アクセサリー:Touch ID・ApplePencil(第1世代)・Bluetooth Keyboard

5機種の中で一番古く価格も一番安い機種になります。
サイズは元祖iPadから馴染みのある9.7inchになります。
性能面では他の4機種に劣りますが、日常生活で使うには充分なスペックです。
とりあえずiPadが欲しい、とにかく安いiPadが欲しいという方におすすめです。

【iPadmini5】
発売日:2019年3月
画面サイズ:7.9inch
サイズ(mm):203.2×134.8
厚さ:6.1mm
重量:300.5g
容量:64GB/256GB
対応機能・アクセサリー:Touch ID・ApplePencil(第1世代)・Bluetooth Keyboard

画面サイズが7.9inchと5機種の中で最も小さく、持ち運びに便利な機種となります。
性能面でもiPhoneXR・XSで使用されているA12プロセッサと呼ばれるSoC(PCでいう所のCPU)が搭載されているので、ゲームなども快適に楽しむことが出来ます。
iPhoneだと物足りない、でも画面が大きすぎるのはちょっと・・・という方や気軽に外でも使いたいという方におすすめです。
あと個人的にですが外で使う機会が多いのでこの機種に関してはCellularモデルがいいと思います。iPhoneのような感覚で使う事が出来てすごく便利です。

今回はここまで。次回はAir3・Proについてお話します。

作成者:リペア本舗和歌山店

修理メニュー